パスワード/メールアドレスが無効です。再入力していただくか、「パスワードを忘れた方はこちら」をクリックしてください。
ご入力ください
内容が一致しません
Eメールアドレス
パスワードが正しく入力されていません。
Menu Back
候補が見つかりません...
もしかして:
    人気のカテゴリー
    カテゴリー
      search.box.no.article

      OSA/SSA チェックイン

      日本を代表するふたりのアーティスト、横尾忠則と大友昇平がグッチのデザインコードを「観察」し、アートワークを制作しました。7月28日ローンチの「TOKION」デジタルサイト及び雑誌版にてそれぞれの創作背景やインスピレーション源がエクスクルーシブに特集されています。 

      1960 年以来、独自の色彩感覚と複雑な構図の作品で世界を驚かせ、今なおクリエイターに多大な影響を与え続ける奇才・横尾忠則は、「HANGA JUNGLE」展のモチーフと「廣家/Kohke」の2作品に、グッチのエレメントであるGGパターンをコラージュした作品を作り上げました。一方、ボールペンを使って作品にメッセージと魂を込め、直感に訴えかけるアートを描き出す大友昇平は、今回描き下ろしたアートワークでもその緻密で圧倒的な描写力を発揮し、グッチのモチーフを取り入れながら、どことなく日本らしさも感じさせる作品に仕上げています。
       
      横尾忠則
      「今回いくつかあった『グッチ』のロゴの候補から作品に選んだ理由は特にありません。コラージュしたバランスも直感的に即興的に決めました。他のロゴや文字でも良かったかもしれないですね。僕は二次元作品が三次元化して、社会の中で新たな機能を果たす、その状況に興味があるんです。ある作品や作家、ファッションブランドもそうでしょうけれど、オマージュはある意味で権威失墜を目的とするんです。そのためには悪意が必要。尊敬、美化だけでは対象を超えられないということ」。
       
      大友昇平
      「白と黒、2作品でコントラストを持たせてみました。女性の絵は上昇していくイメージで、日本で古くから厄災や邪気を退散する意味を持つ獅子は、内に宿る力強さのようなイメージです」。
       
      「TOKION」ISSUE 1 「OBSERVATION」より
      詳細を見る ^
      パスワードの再設定
      お客様が登録したメールアドレスを入力してください。パスワードをリセットするためのリンクが届きます。
      送信する
      パスワードの再設定
      お客様が登録したメールアドレスを入力してください。パスワードをリセットするためのリンクが届きます。
      送信する
      パスワードの再設定
      登録されたメールアドレスを入力してください。そのアドレスにパスワードを再設定するためのメールをお送りします。
      ありがとうございました
      パスワードのリセット方法を記載したメールをご登録の宛先にお送りいたしました:

      クライアントサービスGUCCI 日本

      グッチのウェブサイトまたはオンライン購入に関するお問い合わせ
      Eメール
      Eメールによるお問い合せは、「メールで連絡」をクリックし、
      お問い合せ内容とお客様情報をご入力のうえ、送信をお願いします。
      オンライン・チャット
      オンラインチャットの受付時間は、10:00-21:00 です。(年始を除く)
      お電話
      お電話の受付時間は、10:00-21:00 です。(年始を除く)
      戻る

      メールで連絡

      戻る

      またはショップからの折り返し電話を依頼する