パスワード/メールアドレスが無効です。再入力していただくか、「パスワードを忘れた方はこちら」をクリックしてください。
ご入力ください
内容が一致しません
Eメールアドレス
パスワードが正しく入力されていません。
Menu Back
候補が見つかりません...
もしかして:
    人気のカテゴリー
    カテゴリー
      search.box.no.article
      CHIME FOR CHANGEの25 For 25シリーズは、1995年北京で開催された第4回世界女性会議から25周年を迎える今年の女性史月間に活動家やリーダーのインタビューをお届けするもの。今回は作家であり活動家であるスカーレット・カーティスとジェンダーの平等について語りました。
      今後25年のジェンダーの平等について、どのような願望や期待を持っていますか?
      制度を通じて女性を守るための法整備を始める必要があります。家庭内暴力、FGM(女性器切除)、男女同一賃金、セクシャルハラスメントなど、どれも法律で何とかなることです。なのに、いまだに政府でなく活動家に頼りきっています。
       
      若い世代が年齢を重ねていく中で、ジェンダーの平等をどのように支持し、訴えていけばよいのか、アドバスがありましたらお願いします。
      私の一番のアドバイスは、小さなことから始めること。自分のあらゆる理想を急いで実現させようとしても、それは無理です。でも、身近で起こっている小さな女性問題にフォーカスすれば、社会的活動の基盤を築くことができ、そこから何かを始められます。たとえば、学校や大学の変革したい点を考え、運動を起こしてみましょう。自由になる時間がなかったら、興味のあるチャリティーへの寄付や奉仕活動を考えてみてください。自分で運動を起こすよりも、すでにあるプロジェクトをサポートすることのほうが、役に立つこともあります。
       
      ジェンダーの平等を求める活動の中でお手本としている人は誰ですか?
      私が一番刺激を受けているのは、この運動を長い間続けていて、今でも希望を捨てていない人たちです。グロリア・スタイネム、タラナ・バーク、ジュード・ケリー、ジェス・フィリップス、ギャビー・エドリン。彼女たちは、決して希望を捨てません。ゆっくりでも確実に変化するとわかっているのです。
      詳細を見る ^
      CHIME FOR CHANGEの25 For 25シリーズ:作家兼活動家のスカーレット・カーティスへのインタビュー。25 For 25: Scarlett Curtis
       

      CHIME FOR CHANGEの25 For 25シリーズ:作家兼活動家のスカーレット・カーティスへのインタビュー。25 For 25: Scarlett Curtis
       

      パスワードの再設定
      お客様が登録したメールアドレスを入力してください。パスワードをリセットするためのリンクが届きます。
      送信する
      パスワードの再設定
      お客様が登録したメールアドレスを入力してください。パスワードをリセットするためのリンクが届きます。
      送信する
      パスワードの再設定
      登録されたメールアドレスを入力してください。そのアドレスにパスワードを再設定するためのメールをお送りします。
      ありがとうございました
      パスワードのリセット方法を記載したメールをご登録の宛先にお送りいたしました:

      クライアントサービスGUCCI 日本

      グッチのウェブサイトまたはオンライン購入に関するお問い合わせ
      Eメール
      Eメールによるお問い合せは、「メールで連絡」をクリックし、
      お問い合せ内容とお客様情報をご入力のうえ、送信をお願いします。
      オンライン・チャット
      オンラインチャットの受付時間は、10:00-21:00 です。(年始を除く)
      お電話
      お電話の受付時間は、10:00-21:00 です。(年始を除く)
      戻る

      メールで連絡

      戻る

      またはショップからの折り返し電話を依頼する