パスワード/メールアドレスが無効です。再入力していただくか、「パスワードを忘れた方はこちら」をクリックしてください。
ご入力ください
内容が一致しません
Eメールアドレス
パスワードが正しく入力されていません。
Menu Back
候補が見つかりません...
もしかして:
    人気のカテゴリー
    カテゴリー
      search.box.no.article

      OSA/SSA チェックイン

      Gucci Beauty リップスティックを使った新しいルックを自身のインスタグラム アカウント @yana_dvs で披露しているメイクアップアーティストのYana。ネブラスカ州出身、独学で習得したメイクアップがソーシャルメディアで注目されている彼女が、インスピレーションの源を語りました。
      メイクアップに対する想いと、目覚めた経緯を教えてください。
      私がメイクアップに目覚めたのは、実はそれほど昔のことではありません。どちらかというとボーイッシュなタイプだったのですが、高校を出てセルフケアを学び始めた頃に眉の形を整えることを勧められ、少しずついろんなメイクアップを取り入れるのがルーティンになっていったのです。そしてアイシャドウに出会った途端、すっかりハマってしまって……以来、アイシャドウの虜です。

      ソーシャルメディアでのあなたの情熱の発信方法と、その裏に込められたメッセージについて聞かせてください。
      毎日メイクをしたいと思うほどメイクアップに対して真剣になり始めたときには、これこそ自分が進みたい道だと気付いていました。最初はインターネットで画像を検索して、それを真似するところから始めました。新しいテクニックを試したいときには、YouTubeを参考にしました。それを見た家族が上手だと褒めてくれて、ソーシャルメディアに投稿してはどうかと勧めてくれたのです。私自身は全く自信がなかったので当初は気乗りがしなかったのですが、最終的には家族の提案に従って、Facebookに毎週メイクアップ画像を投稿するようになりました。それがどれほど自分に、そしてソーシャルメディア上の自分の存在にインパクトを与えるかということに気付いたのは、ずいぶん経ってからでした。私は単に、自分にとってパーソナルなルックを作り上げて、自分の違った面を見てもらいたいという一心だったからです。

      あなたのビューティールックはとてもパワフルで豊かな色使いが特徴ですが、そのひらめきの源にあるものは何ですか?
      私はクリエイティブな人間だと自負していて、インスピレーションの源はあちこちにあります。ノスタルジックでカラフルな思い出に着想することが多いのですが、何より他のアーテイストたちからの刺激が大きいです。私は自分の作品で、今まで誰も見たことのないようなワクワク感を生み出すのが大好きです。できるだけ多くの色やテクニックを取り入れて、自分のルックをさらに高いレベルに仕上げたいのです。それが私のルックが注目を浴びる理由だと思います。一つのスタイルに縛られない、それが私だからです。
      詳細を見る ^
      グッチビューティーを使ったカラフルなステイホームルックを発表している Yanaへのインタビュー。A Beauty Tutorial with Makeup Artist Yana
      パスワードの再設定
      お客様が登録したメールアドレスを入力してください。パスワードをリセットするためのリンクが届きます。
      送信する
      パスワードの再設定
      お客様が登録したメールアドレスを入力してください。パスワードをリセットするためのリンクが届きます。
      送信する
      パスワードの再設定
      登録されたメールアドレスを入力してください。そのアドレスにパスワードを再設定するためのメールをお送りします。
      ありがとうございました
      パスワードのリセット方法を記載したメールをご登録の宛先にお送りいたしました:

      クライアントサービスGUCCI 日本

      グッチのウェブサイトまたはオンライン購入に関するお問い合わせ
      Eメール
      Eメールによるお問い合せは、「メールで連絡」をクリックし、
      お問い合せ内容とお客様情報をご入力のうえ、送信をお願いします。
      オンライン・チャット
      オンラインチャットの受付時間は、10:00-21:00 です。(年始を除く)
      お電話
      お電話の受付時間は、10:00-21:00 です。(年始を除く)
      戻る

      メールで連絡

      戻る

      またはショップからの折り返し電話を依頼する