パスワード/メールアドレスが無効です。再入力していただくか、「パスワードを忘れた方はこちら」をクリックしてください。
ご入力ください
内容が一致しません
Eメールアドレス
パスワードが正しく入力されていません。
Menu Back
候補が見つかりません...
もしかして:
    人気のカテゴリー
    カテゴリー
      search.box.no.article
      グッチの最新ポッドキャストでは、まもなく公開される〔グッチ ブルーム〕の新しいキャンペーンの舞台であるラ・スカルツォーラにまつわる魅惑的な物語を、messynessychic.comのヴァネッサ・グレイルが紹介しています。
      イタリアの深部に眠る、とある男性の秘密のシュールレアリスム的理想郷
      現実から解放された異世界、ナルニア国へ通ずる門があるとすれば、おそらくそれはウンブリアの丘の奥深くにある秘密の庭を囲む木々の間に、ひっそりと隠れるように佇んでいるはずです。曲がりくねった砂利道の突き当りにある、引っ張りひものついた鐘を鳴らして幸運にもここにたどり着いた勇敢な客人の来訪を告げると、巨大な門がきしみながら開きます。門の奥に広がるのは、夢のようでいて、人を寄せ付けない雰囲気が漂う異世界、ラ・スカルツォーラ。
       石の廃墟、丘から流れ落ちる聖なる泉が奏でるささやくような音を思い浮かべてみてください。ミステリアスな符号やエキゾチックな花で囲まれた迷路のような場所。古代の土地を進み、かつて自身のドラマティックなユートピアを作ることに人生を捧げた男性が描いた設計図の上を歩いてみてください。ミラノ出身の建築家、トマソ・ブッツィがこの丘陵地を訪れた1956年、ここには忘れ去られた中世の修道院の廃墟以外何もありませんでした。神秘的な土地の魔法にかかった彼はその地を買い取り、抑えがたい欲望のままに自らの理想郷を作り上げるべく、人生の浮き沈みをその風景の中に刻み込もうとしました。彼がここに遺した建造物はフェリーニのどの映画のセットよりもシュールで、史上稀なる様相を呈したものです。そうであるが故に、ラ・スカルツォーラという場所をイタリアに今なお残る未踏の秘跡たらしめているのです。
       伝説によると、何世紀も前にアッシジの聖フランチェスコがこの人里離れた丘陵地に仮住まいを得て月桂樹とバラを植えたところ、水が「奇跡のように湧き出て」、その流れは今なおラ・スカルツォーラの土地を潤しています。名前は、聖フランシスコが自身が住む小屋を建てるのに使ったと伝えられる沼沢植物の在来種である「スカルツァ」を起源としています。ウンブリア州内のさまざまな地域と同様に、この場所にも聖フランシスコの歴史や教えが息づいています。簡素な教会から16世紀の修道院までさまざまな建物が建てられたこの地は信仰心に篤い地域として、また祈りや瞑想の地として栄えますが、19世紀になると再び廃れ、そのまま荒廃の一途をたどりました。
       トマソ・ブッツィはそのキャリアの絶頂期に、打ち捨てられ荒れ果てた、隔絶した場所に残る廃墟を発見します。彼はイタリアを代表する邸宅を修復し、ブルジョワジーお気に入りの建築家、デザイナーとして注目されていました。しかしながら、ラ・スカルツォーラにはそれらをすべてかなぐり捨ててでも手に入れたいと思わせる魅力があったのです。
       彼は自身の記録の中で、ここは「音楽と静謐、偉大さと悲惨さ、社会生活と独り沈思する閉ざされた生活、幻想やおとぎ話、神話、時空の外側からの反響や反射に支配された」場所であると記しています。
       ラ・スカルツォーラの水には何か特別なもの、神秘的なものが含まれており、それが墓や泉の間を抜け、ブッツィが造ったエキセントリックでシュールな、見事な建物を映しながら流れています。最初は修道院を丁寧に修復するところからスタートし、そこに卓越したビジョンが取り入れられました。「石の自叙伝」と彼が呼んだその地は、彼の人生の悲喜こもごもが入り混じった、驚くべき場所なのです。
       そびえたつ裸の彫像が尖った聖堂から突き出し、どこにもつながることない階段や橋はダリやエッシャーなどの夢のような世界を反映しているかのよう。庭を散策していると、目に見えない観客600人を収容できる広さのステージが7つ内側で繋がった舞台で演劇が繰り広げられているのに気付くでしょう。これは一瞬で現れたり消えたりする魂を象徴しているとされています。ラ・スカルツォーラには独自のバベルの塔やピラミッド、パルテノン神殿、凱旋門など、過去の有名な建造物に想を得た、クラシック、ゴシック、ルネッサンス、マニエリスム建築を玉石混交に融合した建物があります。このいびつな都市空間では、誰かの意識の流れの中を、あるいは建築家のシュールなスケッチブックの途方もなく細かいディテールの中をさまよっているような感覚に陥ります。建物は識別の役には立たず、あらゆる石柱に刻み込まれた難解なシンボルが意味するところを覆い隠しています。神秘的な月や不気味な石の目が角を曲がるたびに来訪者を驚かせ、背筋に冷たいものを走らせます。
       トマソ・ブッツィはイタリア語で理想郷を意味するチッタ・イデアーレを完成させられないまま、果てしない執着心にとりつかれたまま1981年に亡くなりました。彼のシュールな設計図は、今日も迷宮のような地所に暮らすブッツィと同様のエキセントリックさを持つ甥のマルコ・ソラーリが受け継ぎ、彼は人里離れたかの地を訪ねてやってくる旅行者を迎えています。
       ソラーリは彼の伯父が残した記録やスケッチを調べ、伯父の幻想的な建造物は20世紀の偉大な心理学者カール・ユングも愛読していたという1499年に出版された無名の書籍がもとになっていると考えています。夢のような風景の中での愛を追い求めたシュールな物語の中で、ラ・スカルツォーラの生き生きとした姿が目に飛び込んでくるかのようです。
       修復や研究、ストーリーテリングを通じて歴史の息づかいを残そうとするソラーリは、自身の人生をこの地の保存に捧げてきました。古い聖フランシスコ修道院も彼の後見の下でその価値が新たに見い出されました。ブッツィの死後15年ほど経ったころ、マルコは修道院内の古い教会の修復中に13世紀のフレスコ画を発見します。浮いた状態のアッシジの聖フランチェスコを描いたこの作品は、この聖人を描いた最初の絵のひとつであると考えられています。
       魔法や奇跡が宿る芸術や建築の物語を織りなす中で、この場所でなければラ・スカルツォーラも有名な史跡として今日まで残っていたことでしょう。しかしながら、ウンブリアの丘の奥深くという辺境にあったことから、世の中から隔絶されていたのです。言い換えれば、誰もその地を探し出すだけの気概がなく、たどり着けなかったのです。
       代わりにこの地を、害を及ぼさず、ロマンスとミステリーのオーラを世界に与える場所で夢を石に変える狂気の建築家たちに捧げましょう。もしそのオーラを瓶の中に閉じ込めて持ち帰ることができたとしたら… 

      messynessychic.com
      詳細を見る ^
      messynessychic.comのヴァネッサ・グレイルが、〔グッチ ブルーム〕の新しいキャンペーンのロケ地であるラ・スカルツォーラの歴史を紐解きます。 La Scarzuola
       

      messynessychic.comのヴァネッサ・グレイルが、〔グッチ ブルーム〕の新しいキャンペーンのロケ地であるラ・スカルツォーラの歴史を紐解きます。 La Scarzuola
      messynessychic.comのヴァネッサ・グレイルが、〔グッチ ブルーム〕の新しいキャンペーンのロケ地であるラ・スカルツォーラの歴史を紐解きます。 La Scarzuola
      messynessychic.comのヴァネッサ・グレイルが、〔グッチ ブルーム〕の新しいキャンペーンのロケ地であるラ・スカルツォーラの歴史を紐解きます。 La Scarzuola
      messynessychic.comのヴァネッサ・グレイルが、〔グッチ ブルーム〕の新しいキャンペーンのロケ地であるラ・スカルツォーラの歴史を紐解きます。 La Scarzuola
      messynessychic.comのヴァネッサ・グレイルが、〔グッチ ブルーム〕の新しいキャンペーンのロケ地であるラ・スカルツォーラの歴史を紐解きます。 La Scarzuola
      パスワードの再設定
      お客様が登録したメールアドレスを入力してください。パスワードをリセットするためのリンクが届きます。
      送信する
      パスワードの再設定
      お客様が登録したメールアドレスを入力してください。パスワードをリセットするためのリンクが届きます。
      送信する
      パスワードの再設定
      登録されたメールアドレスを入力してください。そのアドレスにパスワードを再設定するためのメールをお送りします。
      ありがとうございました
      パスワードのリセット方法を記載したメールをご登録の宛先にお送りいたしました:

      クライアントサービスGUCCI 日本

      グッチのウェブサイトまたはオンライン購入に関するお問い合わせ
      Eメール
      Eメールによるお問い合せは、「メールで連絡」をクリックし、
      お問い合せ内容とお客様情報をご入力のうえ、送信をお願いします。
      オンライン・チャット
      オンラインチャットの受付時間は、10:00-21:00 です。(年始を除く)
      お電話
      お電話の受付時間は、10:00-21:00 です。(年始を除く)
      戻る

      メールで連絡

      戻る

      またはショップからの折り返し電話を依頼する