パスワード/メールアドレスが無効です。再入力していただくか、「パスワードを忘れた方はこちら」をクリックしてください。
ご入力ください
内容が一致しません
Eメールアドレス
パスワードが正しく入力されていません。
Menu Back
候補が見つかりません...
もしかして:
    人気のカテゴリー
    カテゴリー
      search.box.no.article

      OSA/SSA チェックイン

      Gucci Beautyとのコラボレーションで、架空のキャラクターをモチーフにしたシリーズ作品を自宅で描いた、アーティストのヌーリー・フレイハン(Nourie Flayhan)。そのインスピレーション源となった、アラブ人や有色人種の女性であることで決めつけられてしまう物語を変えたいという想いと、彼女の育ったアーティスティックな家庭環境について語りました。
      あなたのアートについて教えてください。何が、そして誰が、あなたの作品にインスピレーション源となっているのですか?
      有色人種の女性たち、私が一緒に育った移民の人たち、そして私たちと同じ民族や人種の人々が本や雑誌などのメディアに取り上げられることが少ないこと。それが常に私の想像力を触発するのです。メディアに自己投影できなかったし、つながりを感じることもありませんでした。外国人として母国とは違う国で育ったので、移民の子どもたちのコミュニティをいつも故郷のように感じていました。追いやられ、より良い未来を求めて母国を去らなければならなかった子どもたちです。私の両親は、戦争によって国が引き裂かれたためにレバノンを去りました。当時の私たちの国では手に入れることができなかった、安定した生活とチャンスにつながる道を与えてくれる場所を見つけたいと考えていました。私はいつも自分の身の回りの物語に触発されていましたし、そして子どもながらに、いつの日かこうした出来事をメディアの最前線で発表すると、自分自身に約束していました。他のアラブ人の女の子たち、移民の子どもたちと一緒に成長する過程で目にしたイメージをイラストレーションにして。私は自分自身の声で、自分の属するコミュニティについて共有されるべき物語を発信し、私たちの文化ではタブー視されがちなことや、未だに家父長制が残っている家族や社会のもとでは発言しにくいことについての対話を作り出しています。

      育った環境は、あなたのアートにどのように影響したのでしょうか?
      1つの特定の場所に属しているという感覚があまりないまま成長しました。故郷がどこなのかは分かりませんでしたが、移民のコミュニティにそれを感じ、そして後に、元々の出身地であるレバノンにも再びつながりを感じるようになりました。自然に、故郷というアイデアを探究し、周りの人と共有したいと思っていました。それはダマスカスローズの花びらを1枚1枚取りながら繊細な中心部に向かっていくようなプロセスでした。私の家族はみんなアートをサポートしていました。クリエイティブな母のもとで、とてもアーティスティックで実験を好む家で育ちましたから、アートはほとんど私の第一言語といってもいいほどでした。驚いたことに、ロンドン芸術大学に行くことで、自分のルーツを再訪し、アイデンティティの再発見へと促されました。新しい社会に適応したくて、自分が変わろうとしていた後なのに。私は、アラブ人であることと有色人種の女性であることで決めつけられてしまう物語を変えたかった。この物語の主導権を手にして、語られるべき自分たち自身の物語を書き始めたかったのです。それは長い旅路で、絶えず変化し続け、いつでもさまざまな発見の道へとつながっています。親戚はあまりアートのことを理解せず、故郷から遠く離れたロンドンでビジュアルデザインを学ぶことを選んだ私に、あまり協力的ではありませんでした。私のやっていることをまだ理解しない人もいますが、両親や兄弟からのサポート、そして子どものころの自分自身との約束を原動力に活動を続けています。

      2020年の出来事は作品にどのような影響を与えましたか?
      今年は本当に多くの出来事があって、きっと誰もが忘れないでしょう。私の故郷レバノンは革命の中心になり、これがきっかけで私はこの土地と再び、より深いつながりを持つようになりました。現在の状況を知ってもらい、自分の国を腐敗した政権から取り返そうとしている現場の人たちの物語を広めるために、私はたくさんのアート作品を制作しました。その後数日、そして数か月にわたってさまざまな出来事が明らかになり、私はそれに触発されて、自分の声とソーシャルメディアで、中東地域の女性の権利、気候変動、メンタルヘルス、そしてもちろんCOVID-19のパンデミックについて、イラストレーションを通じて物語をシェアしてきました。私たちが感じ、経験している変化について対話を始めるのは、いつでも大切なことです。ですが皆が暗い日々に直面している中、私は自分の作品にはいつも光を持たせるようにしていますし、時には自分の詩的な面を深く追求して、温もりや希望を他の人と共有するようにしています。
      詳細を見る ^
      パスワードの再設定
      お客様が登録したメールアドレスを入力してください。パスワードをリセットするためのリンクが届きます。
      送信する
      パスワードの再設定
      お客様が登録したメールアドレスを入力してください。パスワードをリセットするためのリンクが届きます。
      送信する
      パスワードの再設定
      登録されたメールアドレスを入力してください。そのアドレスにパスワードを再設定するためのメールをお送りします。
      ありがとうございました
      パスワードのリセット方法を記載したメールをご登録の宛先にお送りいたしました:

      クライアントサービスGUCCI 日本

      グッチのウェブサイトまたはオンライン購入に関するお問い合わせ
      Eメール
      Eメールによるお問い合せは、「メールで連絡」をクリックし、
      お問い合せ内容とお客様情報をご入力のうえ、送信をお願いします。
      オンライン・チャット
      オンラインチャットの受付時間は、10:00-21:00 です。(年始を除く)
      お電話
      お電話の受付時間は、10:00-21:00 です。(年始を除く)
      戻る

      メールで連絡

      戻る

      またはショップからの折り返し電話を依頼する